京進の小学部 

小1から小3 ぷれよん教室(中学入試準備)
京進の小学部のうち、小1から小3は、「中学入試準備」と位置づけられています。考える力と表現する力の育成がコンセプトで、主に勉強の楽しさや学ぶ姿勢を身に付けるのが主眼です。算数の学習目的は、計算力、筋道をたてて解く力、図形を見る力の育成、国語の学習目的は、語い力、考えをまとめる力、表現する力、読みとる力の育成です。学年別にもう少し詳しくみていきましょう。

小1・小2 「学ぶ楽しさに触れ、机に向かう習慣を身につける」
この段階では、中学受験の準備というよりは、学ぶ楽しさに触れ、机に向かう習慣を身につけることが目標です。勉強そのものへの興味を芽生えさることに主眼をおきます。

小3 「目的意識を明確にし、勉強への意欲を高める」
3年生からは、中学受験に備えた本格的な学習指導の前段階という位置づけになります。この時期から志望校合格を意識していきます。

小4からは志望校合格に向けて具体的にクラス分けが行われ、難易度もレベルアップしていきます。京進での小学4年生は、いよいよ中学受験へ向けてのスタート学年と位置付け、四谷大塚の予習シリーズを使用し、中学入試に備えた独自のカリキュラムで進めます。具体的には以下のようなクラス設定がなされます。

小4から小6 有名中学対策コース
有名中学対策コースは、私国立トップレベルの中学を目指す生徒を対象としたコースで、HTクラス、Hクラス、Aクラスがある。

小5から小6 全国難関中学対策コース
全国難関中学対策コースは、洛南、洛星、東大寺、灘、開成、ラ・サールなど、全国の私国立難関中学を志望する生徒を対象としたコースで、KLクラス、Rクラス、Sクラスが設定されています。

 

塾から「親は家で勉強を見ないようにと注意された」でも中学受験は親が勉強を見るべき?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加