京進の中学部

京進の中学部では、中1から中3までの間を明確に区切り、受験に向けての準備段階として進めていきます。

中1は基礎固め、中だるみの中2では、高校入試において、3学年中もっとも出題ウエイトの高い単元がでてくることから、志望校合格までの学習ペースが崩れないように進め、中3では志望校別に細かいクラス設定で指導していきます。

京進の中学部のクラスには、難関・トップ私学対策コースSクラス、公立トップ校&有名私学対策コース
Hクラス、上位公立&私学対策コースAクラス、公立対策通知票アップコースTクラスがあります。

難関・トップ私学対策コースSクラスは、3年1学期には中学での学習内容を終了。夏休み講習からは、試問題演習等を始め、洛南、東大寺学園をはじめ全国難関私立高校への合格を目指します。

公立トップ&有名私学対策コースHクラスは、公立トップ校に合格すべく、入試で「ほぼ満点」を目指すクラス。

上位公立&私学対策コースAクラスは、「基本重視」「内申対策重視」をコンセプトに定期テストを中心に指導。

公立対策通知票アップコースTクラスは、学習内容の定着を最優先に考えた「5回繰り返し学習システム」を実施し、公立高校入試合格を目指します。

大きくは難関校&公立トップ校を目指すクラスと学校の定期対策をやるクラスといえそうです。いずれのコースも、すでに指導方針のところで確認したように週実制と循環発展学習法を柱にスパイラル方式で繰り返し学習していくことになります。

高額な教材を買うべきか!? 子供はやりたいというけれど・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加