インターネットによる映像授業

京進は2009年4月から、高校生を対象にインターネットによる映像授業を専門に行う「e予備校」を開校しました。

e予備校は、録画された5科目、約7000講義の動画を各教室に設置された専用パソコンで受講するシステムで、集中力を維持できるよう1講義12分の短時間設定で毎回、理解力を問う確認テストを実施します。

画面上で解答すると自動採点され、一定の得点が取れないと次に進めない仕組みになっています。

「東大合格生のノートはかならず美しい」そうですね!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加