小学入試専門 京進ぷれわん

京進の小学入試専門ぷれわんの合格実績は、立命館小6名、京都同志社小3名、京都ノートルダム学院小4名、京都文教短期大学付属小1名、京都教育大学附属京都小 一次3名となっています。

京進の小学入試クラスは、後発ながら徐々に合格実績を積み重ね、人数は少ないながら、高い合格率を誇っています。

京進の小学入試クラスは、小中学部同様、「循環発展学習法」を取り入れたカリキュラムで実施されます。よって、定期的な復習、繰り返し、毎月の学習内容をテストで確認するサイクルで進んでいきます。

また、京進は通塾範囲を考慮し、週1回の授業を長めに設定し、遠距離者の通塾負担を軽減する時間割を組んでいます。

小学校入試は当然ながら、家庭の協力が不可欠です。学んだ内容を家庭で繰り返して実施するため、京進では、毎回の授業報告と家庭で復習する内容ややり方が伝えられます。その課題をいかにこなしていくかは非常に悩みの多いものですが、小学校入試の趣旨、小学校側の求めるものを親がきちんと把握することが大切でしょう。

決して計算がはやいとか、小学校の内容がすでにできるなどが求められるわけではないので、情報収集をきちんと行い、子供に余計な負担をかけない心がけが求められます。

京進の小学校入試クラスの内容
■3歳児年少クラス
カラダを動かすことを楽しみながら、集団性や社会性を身につけ、言語能力・思考力・表現力の目覚めを促します

■4歳児年中クラス
自分で考え、表現する力が大きく伸びる時期。学習能力とともに、思いやりの心など、人間性も育成します。

■5歳児年長クラス
自主性がさらに伸び、目的意識や競争意識が目覚める時期。身につけた能力の完成を目指す。

「私は可愛がってもらってない」と言う娘。どうしたらいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加