個別指導「京進スクール・ワン」

個別指導「京進スクール・ワン」は、2007年の2月現在、連結グループ内でのその事業比率が43%となっており、京進にとっては非常に大きなウエイトを占めており、京進の力の入れ具合から考えると、この比率は今後上がっていくと考えられます。ちなみに、その他、小中部43%、高校部11%、その他3%。

個別指導「京進スクール・ワン」は、生徒2人に先生1人で勉強を教えてもらうスタイルの個別指導。授業中は先生が片方の生徒をマンツーマンで教えている間、もう1人の生徒は自分で問題を解いていくことになります。指導時間の約半分が教えてもらえる時間と考えたらよいでしょう。

学習システムは、集団授業の京進とほぼ同じで、「その日に習った重要ポイントを確認」→「前回習ったポイントを確認」→「3?4週に一度は以前に習ったポイントへ戻って確認」の繰り返し方式です。このシステムは非常に家庭学習が大事なポイントになってきます。授業内でチェックできる点は限られており、また時間の経過とともに忘れる事項も多く出てきます。塾ではシステムでポイントを確認してくれますが、それができるかどうかは多くは家庭学習にかかってくるでしょう。

1対2という親密な関係を築ける関係を利用して、いかに自分のわからない点、不明な点を先生に教えてもらえるか、そこが大きなポイントでしょう。通われる場合は、「その日に習った重要ポイントを確認」「前回習ったポイントを確認」のところで子供がどれくらいできているかを家庭に報告してもらうようにするのがいいでしょう。個別指導「京進スクール・ワン」の対象は小1?高3までの全学年、科目・教材・授業カリキュラム・通塾日時などは教室長と面談のうえで決定となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加