京進 スクール・ワンの強み

京進の個別指導「スクール・ワン」の特徴は、「1:2」の完全個別指導にこだわっているところだ。

「1:2」とは、先生1人に対して生徒2人である。

一般的に、個別指導には「1:2」「1:3」「1:4」などがある。

経営側にとっては、先生1人に対して生徒数が多い方が収益はあがる。

60分の指導の場合で考えると、

「1:2」であれば、60÷2=30分となり、単純に30分の説明を受けることになる。

「1:3」であれば、60÷3=20分

「1:4」であれば、60÷4=15分

「1:4」だと「1:2」の半分である!!!

生徒にとって先生から教えてもらう時間が少なくなれば、月謝も安くなる傾向にあるが半額とまではならない。

勉強した分は成績が上がらないと意味がなく、安ければ良いという問題ではない。

その点、京進のスクール・ワンの方針には賛成である。集団授業よりも個別に教えてもらうことができ、家庭教師よりも安く指導を受けることができるわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加